鈴木研究室では、主に子どもを対象としたテクノロジーを利用したワークショップコンテンツの研究開発を実施しています。人間とコンピュータとの関わりが急激に変容しつつある現代で、 様々な先端テクノロジーを利用・応用し、博物館や美術館などの様々な教育的な施設で子ども達が積極的に楽しめるワークショップコンテンツを研究開発しています。

ワークショップの実施
ワークショップコレクションin福岡に出展しました。

ワークショップコレクションin福岡に出展しました。

8月12日と8月13日の2日間、福岡市にあるアクロス福岡で開催されたワークショップコレクションin福岡にはるばる神奈川から、参加しました。実施したワークショップは「スモーソニック」という題名で、簡単に言うと、声で紙相撲を […]
東芝未来科学館でARを利用した独楽づくり展示を実施しました。

東芝未来科学館でARを利用した独楽づくり展示を実施しました。

12月20日〜〜1月11日まで、東芝未来科学館で独楽作りをテーマにしたワークショップ「色・独楽・模様・音」を実施しています。このワークショップは以前ワークショップコレクションで実施したワークショップでしたが、東芝未来科学 […]
WSC10に参加しました。

WSC10に参加しました。

8月30日,31日に青山学院大学で実施されたワークショップコレクション10に鈴木セミナーで参加しました。実施したワークショップコンテンツは「ころころたまごの大冒険」というもので、従来からある「まゆたまづくり」をテーマにし […]